ライフコーチの癒しと夢実現コーチング

        責任の法則
 

おススメの記事TOPに戻る


 
今日のテーマは、部下や子どもなど上下関係で
悩むかたに、なにかのヒントになるかもしれません。


◆◆ 責任の法則 ◆◆


●仕事がテーマのセッションの担当をした時のことです。
30代後半の女性H子さんは部下の男性の 態度に腹をたてています。

 「自分は上司としてまったく尊重されていない」
 けれど、どう接したらいいのか分からないので黙認。
 そのことに深いストレスを感じています。


●私はセッションの中で、H子さんに部下の男性と  向かい合うようにお願いしました(イメージの中で)

するとH子さんは言うのです。

「目を見たくありません。できれば逃げたい」


●次に今度は、部下の立場になることを お願いしました(これもイメージの中で)

すると、部下になったH子さんは言いました。

「目の前の人を信用できません。 どうしていいのか分らず困っています」


●次に、会社の立場になることをお願いしました。
(これもイメージの中で)

すると会社になったH子さんは、しばらく黙ったあとに こうつぶやきました。

「会社は私にちゃんと言うべきことを 言ってほしいと思っています」


●実はH子さんはこの部下だけではなく 男性に対して要求することが苦手でした。

自分は甘えベタだ。そう思って生きてきたのです。 子どものころは父親に甘えられず、今は夫に甘えられず、 男性に何かを要求して断られるのがとてもしんどい のだそうです。

私は、H子さんに言いました。

●「これは会社の中で起こっている関係ではなく、 H子さんと部下の男性の個人的な関係になっています。 これでは会社の中で機能しないでしょう。」


H子さんは苦しそうにうつむいて答えました。

「頭では分かっているけどできません」

「正直いって、逃げたいのです」


私は、H子さんに言いました。

●「『会社』と『責任』があなたの背中にいるように イメージしてください。そして目の前の部下の顔をもう一度見てください。」

H子さんは背中に会社を感じ、目の前をまっすぐに 見て、ふぅっとため息をついたあと言いました。

「今度は見れます。安心感があります」



実際に、H子さんの肩の力が抜けて、楽な立ち方になりました。



『会社』のことをどう感じますか?

「ここに属しているんだなあと感じます。信頼されて いる感じがします」


『責任』のことをどう感じますか?

「支えられている感じがします。安心します」


では、目の前の部下のことをどう感じますか?

「今度は目が見れます。私が指導してあげないとです。」


●H子さんにはそのあと、ある宣言をしていただきました。

その力強さで職場に戻ったH子さん。部下の男性に

「態度を改めるよう、毅然として伝えることができた」

とうれしい知らせをいただきました。

「言ったら、ぜんぜん大丈夫なんですね。笑えるくらいです」

そういうH子さんの声には明るく、気負いのない強さがありまし た。



●私は裁判官ではないので正邪の判決はできませんし 医者ではないので、治療はできません

私にできるのは、本人にとってどうなるのが 本当の幸せなのかを、クライアントさんに 気づいていただくことなのです。

このケースでは、私はH子さんの男性への苦手意識を 治したわけではありません。
けれど、H子さんにとって、今、何を知る必要が あるのかを分かっていただけたように思います。

H子さんにとって、会社での自分のありかた=権威を 取り戻すことが本人のためであり、周囲のためでもありました。


●私はH子さんに言いました。

「この部下のように自分の立場で尊重すべきことを しなかったり、分からない人の場合、その責任を 担う人が、それを教えてあげなくてはいけません。 彼らは知らないのですから。それも上司の責任なのです」


それにしても「責任」というと、あまり良いイメージを 持たれていないことが多いように思えます。



しかし、実際は

*****************************************************

責任を引き受けた分、自由が増えます。

*****************************************************

◆責任の法則とは

私たちは、責任を引き受けた分の自由を持つことが できるということ。


自由には可能性と力があります。

責任とは実は《パワーの源》なのです。


ちょっとイメージしてみてください。

会社のビジョンはだれが決めるのでしょう?

だいたいは会社の最終的責任者の社長ではないでしょうか。

社員は運営方針の変更やビジネスのコンテンツを 左右できませんよね。


門限やおこづかいの金額、家庭の方針はだれが決めるのでしょう?

そう、家の中の責任者は大人ですから、子どもは親の決定権を 奪う権利を持っていないんです。

ところが、その責任の範囲があいまいになったり 逆転するとき、大人の権利が失われると同時に 子どもは子どもらしくいるという権利を失います。


だから、これらの責任を適切に使うことは、本人のためだけでなく 全体のために機能することなのです。

より大きな責任を持つものが、その全体の動きを自由にできる。

これは会社でも、家庭でも同じ。



あなたは責任をどのように使っていますか?


今、読んでいただいたように、今回のセッションは ややセラピー的でした。

●セラピーとコーチングって違うのに、両方やってるんですか?

そんな質問をよく受けます。

普通のセラピーでは、悪くなった原因を探ります。

「この人は、どうして悪くなってしまったんだろう?」
「この人の、何を取り除くべきだろう?」

普通のコーチングでは、ゴール(達成目標)に向かって進みます。

「この人は、どうやったら前に進むだろう?」
「この人の答えをどう引き出したらいいだろう?」

そう考えながら、コーチングをしています。


前回のコラムに書きましたが

答えは意識を向けているところに集まります。
《網様体賦活系の法則》
http://archive.mag2.com/0000185693/index.html

網様体賦活系はすべての情報の中から重要なものだけを ピックアップして感じ取る選択システム。

ですから、悪くなった原因や取り除くべきことを見る セラピストやカウンセラ−には、
そこのところばかりが 目に付くようになります。

そして前に進むことや答えを引き出すことを望む コーチには、そこのところばかりが目につきますから
もしも進む時期でないクライアントさんの場合。 お互いにストレスを持ってしまうことも。


●私は

「この人の強さ(資質、本質)はなんだろう?」

「この人にとってどうなるのがホントに幸せなんだろう?」

と考えることで、そのときによって方法が変わります。

なぜならば私たちは、

・前に進むときには信頼と勇気づけが、

・休息のときには安心と承認が、

・癒しのときは向き合うための暖かいサポートが必要。

そのうえでセラピーが効くとき、コーチングが効くときが あるのです。

だから、私のセッションは、強さを探し出します。
ホントの幸せを見つけ始めます。


弱さも受け入れられること。それが強さなのでは ないでしょうか。



          文:ライフコーチあまみ悠



このコラムはメールマガジン『人生を変える☆幸せ成功講座』から抜粋しています。 ご購読はこちらです。

おススメの記事TOPに戻る



                    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
                   

■□■コーチやカウンセラー・セラピスト、ボディワーカーで幸せ成功したいかたは→

・「ライフコーチスペシャリスト養成講座」のご案内はこちら

・癒しを仕事にする人のためのライフコーチングプログラムはこちら


■□■『夢実現』への一歩を踏み出すライフコーチングに興味のあるかたは→

・ライフコーチングの受けかたはこちら

・【無料ワークシート】決意と可能性を引き出す25のセルフコーチングリストはこちら


■□■親子・人間関係で悩んでいるかた、インナーチャイルドに興味のあるかたは→
■□■セルフエスティーム(自尊感情)を高めて、ありのままの自分を好きになりたいかたは→

・【無料メールセミナー】インナーチャイルドヒーリングありのままの自分が好きになる、7つの贈り物はこちら

・【無料メールセミナー】許しのワークショップはこちら

・【無料メールマガジン】「あなたを幸せ成功に導く7つの秘訣」はこちら(只今、準備中)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆