ライフコーチの癒しと夢実現コーチング

氏名
姓:
名:
E-Mail ※
        コーチズ ボイス
 
コーチングへの思い、なんでコーチになったのか?など
コーチの本音をインタビューしました!

コーチズボイス第1回目は、あまみ 悠さんです。


2004.9.21
コーチ天海悠
はじめまして、あまみさん。

はい、よろしくお願いします。


さっそくですが、あまみさんがコーチになったきっかけを教えていただけますか?

去年の春なんですけど、仕事の研修でアメリカに行くときに、ちょっと時間があったんです。それで、成田の空港だったんですが、本を2冊ぐらい買おうかなと思って。

本屋さんに行ってパラパラと立ち読みしていたときに伊藤守さんの名前が、ぱっと目に入ったんですね。実は、私、伊藤守さんの本で「こころの対話」というのを読んですごく感動した覚えがあったのです。

読んだときに、「あぁ、これはすごくよく分かる」と思っていて、当事、私がやっていたセルフマネジメントセミナーの内容とよく似ていて「好きだな」って。

その本の内容を簡単に言ってしまうと、心で聴いてもらうことがどんなに価値があることなのかというような、内容なのです。それで、手にとって読んだらコーチングについて書いてある本だった。

行きの飛行機の中で、それを読んだら「あ これがしたかったんだ」と思ったんですね。これっていうのは 一対一で本気で相手と関わっていくことです。それで、仕事の研修に行くにも関わらず、帰国したら、この仕事をやろうと〔笑〕。でも、その本は飛行機に忘れてきちゃったのです。2週間後に家に帰り、インターネットで調べて、養成機関を見つけて学びはじめました。



そうなんですか。本と出会ってというのは偶然のようですが、それまでの下地が出来ていたのでしょうか。では、今のあまみさんにとってコーチングとはナンですか?

そうですね、ひとつは自分が本当に感じていることとつながるためのツールです。人間にとって、本当に必要なのは、自分への信頼だと思うですが、私にとっては人生を自分らしく生きるために、自分の本当の声を聴くことが、必要不可欠なものだと思うのです。


自分の本当の声を聴く、それってなんだかすごいですね。あまみさん、それは、クライアントさんにどのような影響を与えるのでしょうか。

まず、コーチが自分本来の生き方をしていることで、クライアントさんのテーマに、妥協せずに対峙することができます。自分を信じて、自分本来の生き方をする、つまり、主体的に生きるということを選択すると、出る釘が打たれる経験や、その他大勢と違うかも、という不安を伴う場合があります。そして、何よりも、自分は本当にできるんだろうか?と自分を疑うことがあるかもしれません。
でも、コーチ自身が、自分の本当の声を聴いていれば、クライアントさんが主体的な生き方から逸れていくときでも、余裕を持ってサポートできるのです。


実際、コーチがクライアントを信じる力というのは、ものすごいんです。人は、本気で信じてもらったとき、変わります。 それに、人間というのは、自分に許していないことは他者にも許せない生き物のようですよ。だから、私たちは本質という言葉を使っているのですが、私たちが如何に本質であるかが日々問われます。


そうですか。なにか、凄みを感じます〔笑〕でも、そういった感じでサポートしてもらうと安心でこころ強いですね。あまみさんは、そういったコーチングを通 して、誰に何を伝えたいですか?

まず、私のような年代、30代40代の人で、家族がいたり、パートナーがいたり、もしくは社会の一員であったり。そういう中で、みなさん、それぞれの役割を生きていると思うのです。 そういった中で、人を抜きにしては生きていけないというか 誰かしら、人と関わっていると思うのですけど。特に身近な人にほどいろんな思いがあると思うんですね。

親とか子供とか身近な上司とか、そういう人にほど感情が揺さぶられるっていうのが事実だと思うんですね。そういう大切な人たちと、分かりあえないという辛さを私自身、恋愛や離婚で感じてきたのです。それが何故なのかっていうことを分かり始めたとき、なんて勿体ないことをしたのかと〔笑〕。

何故なのかっていうのは、まずコミュニケーションのギャップがあるからなんですね。本当のことがお互いに伝わってないことが 致命的に関係をだめにしちゃっている原因になりうるってことに気づいてほしいし、気づきさえすれば改善できることがたくさんあるので、コミュニケーションの仕方とかギャップの見つけかたをこれからは伝えていきたいと思います。それはもちろん、他者との間において大きく作用しますが、実際自分は本当に何を感じているのか 本当にそれでいいのかとか、外部ではなくて内部、自分自身とのコミュニケーションを取ることが大切です。自分自身とコミュニケートしながら、本当に感じているままに生きていってほしい、私自身もそうして生きていきたいと思っています。自己実現や目標達成のサポートはもちろんですけど、身辺な人と幸福に生きていけないなら、成功してなんぼのもんや、と思うのです。



そうですよねえー、耳が痛いような〔笑〕それでは、あまみさんのコーチングは、ビジネスというよりも個人的な感じなのでしょうか?

そうですね、逆に言えば、ビジネスだけです!と分離はしていません。仕事でうまくいかない原因をよくよく見てみれば、個人的なことに行き当たったりするもので、要はその人の人生が本質的な部分を生きているのかいないのか、だと思ってます。


人生全般を取り扱う、という感じでしょうか。あまみさんから見た、コーチをつける利点はなんですか?

コーチングを受けるとまず頭の中身が整理されます。で、頭の中身が整理されると本来もっているモチベーションや才能、強み、いろんな豊かさが表面 化しやすくなるので 前向きな気分で毎日が過ごせるようになります。そして、人間必ずしもうまくいっているときじゃなくて うまくいかないときもあると思うんですが、そんなときでもコーチがそばにいて あなたと伴走してくれることで つまずいてる時間が極端に減るのです。停滞も少なくすみます。ご本人が気づいてもいなかったようなあたりまえとしていた長所、強みを自分自身が認識して、自分のことを本当に誇りに思える力が増えます。真の姿というのでしょうか。そういったご自分と出会っていただくことになります。具体的にいえば、起業が成功したとか、パートナーシップでうまくいくようになったとか、アイデアがするする出て、なおかつ効果 的に処理できるようになったとか、いろいろな効果があります。



そうですか。それはいいですね。ところで、ライフコーチジャパンを10月に立ち上げたそうですが、ライフコーチジャパンは、社会に何を提供するのですか?

まず、よく訓練されているコーチが、クライアントさんやオンラインのお客様のお話をしっかり聴ける、プロフェショナルな聴き手〔リスナー〕を提供したいと思っています。そのうえでもちろん聴くだけではなくて、お客さんの考えや目標達成のサポートをします。

例えば、ドライブウェイをずっと高速で走っていると 時々疲れて休憩所によるじゃないですか。そんなとき、ちょっと一息ついたりしますよね。そのついでに、道路渋滞情報を見たり、トイレに行ったり、食事をしたり。ああいった役目になれたらいいなと思っています。私達もそんな風に地図になり、渋滞情報をお知らせする役目もできたらなと思っています。そして、お客様が本当に望んでいるゴールに辿り着くまで、側でお客様の一番良いところを見ながら引き出しながら、例え、本人が忘れてしまったとしても私達は覚えていて、声をかけながら伴走していく、そんなコーチを提供したいのです。

過去には、人を勇気づける存在は、親であり、教師でありました。しかし、これだけ、社会が多様化してくると、その役割を親や教師が本当に担ってくれているのかは疑問です。ライフコーチジャパンでは、答えはその人の中にある、という礎をベースに、ひとりひとりの最大限の可能性を信じて、その人が行きたいところに行くためのサポートをしていきます。



いいですねえ、私もそういったサポーターがいてくれたら、いいなと思います。それでは、最期の質問となりますが、あまみさんは、コーチングやライフコーチジャパンを通 して、未来に何を築いていきたいですか?

まずは、ライフコーチジャパンの基礎であるオンラインコーチングとセミナー、コーチ紹介サービス この3つの柱を充実させていきたいなと思っています。それらの背景にある私の望みというのは 日本中に住むみなさん、もっと広い意味で言えば、世界中の私達人類がそれぞれ持っている夢や、存在意義を実現させること、そして、悩みや苦しみが少しでも軽減されることです。
夢にかぶっているホコリを、ささっと払いのける存在を多く増やしたいのです。ですから、コーチングを受けてメリットを得た人たちが 自分自身や夢を生きることで、ご家庭で、そして対人関係の中で良い影響を及ぼしてくれたらいいな。私達、みんながぴかぴかで輝いて生きていたい。そんな世界を創りたい、というのが心からの望みなんです。



今日はお話しをありがとうございました。自分自身を生きる、とても心にしみました。

こちらこそ、楽しい質問を、ありがとうございました。